肌のカサカサの原因は乾燥です。

簡単に言えば、肌の油分と水分の不足により、肌が乾燥しカサカサになります。

よく、油っぽいのにカサつくという人がいますが、これは、皮脂量が十分であっても、水分量が不足しているからです。

また、目もと口元がカサつきやすいのは、皮脂の分泌する皮脂腺が少ないからです。

一年中で、最も乾燥肌になりやすいのが冬です。

寒い上に乾燥しているため、汗と皮脂の分泌がダブルで減ってしまい、肌がカサつき、かゆみが生じやすくなるのです。

乾燥肌には、適度な水分と、油分によって、外の刺激をブロックすることがポイントです。

乾燥肌になると、皮膚の入れ替わりが早くなり、水分を保つ上で欠かせないNMFや細胞間脂質が十分つくられなくなり、悪循環が増していきます。

保湿効果のある化粧品や、バランスのいい食事などの対策をしていくことが大切です。

そこで、敏感肌で、カサカサ肌に悩んでいる方にオススメの化粧品についてお話します。


<目次>
・カサカサ肌に乳液が効果あるって本当ですか?

・カサカサ肌に化粧水は逆効果だった真相とは?

・カサカサ肌に効果のある食べ物をご存知ですか?




カサカサ肌に乳液が効果あるって本当ですか?

カサカサ肌には乳液が一番だと言われますが、本当でしょうか?

乳液にはいろんな成分が入っています。

商品によっては、肌荒れを悪化させる成分も入っています。

たとえば、乳液剤です。

乳液剤は、界面活性化剤で、この成分は肌の表面にある角質層を壊したしまします。

また、乳液は、水分と油q分が多いので、微生物が繁殖しやすく、それを殺菌するために、防腐剤が使われていることがあります。

防腐剤を毎日肌に塗るということは、敏感肌に方にはかなり負担になることも…。

さらに、乳液に入っているオイルにアレルギー反応を起こすこともあります。

乳液を使った方の口コミから、カサカサ肌に乳液が効果あるのかについて調べましたのでお話します。


<目次>

・敏感肌に乳液を使うと肌荒れするってご存知ですか?

・乳液を使ってもカサカサ肌は治らない真相とは!

・カサカサ肌に乳液は効果が無い!そんな噂が…!!





カサカサ肌に化粧水は逆効果だった真相とは?

化粧水は、乾燥しがちなお肌のために研究開発されています。

しかし、ある雑誌に、化粧水はカサカサお肌には逆効果と書いたあったのをみました。

内容を見ると、化粧水は、つけてもすぐに乾く、しっとりしない、たっぷぷりつけてもパサパサするなど、カサカサ肌には有効ではないとのアドバイスでした。

では、本当に化粧水は、カサカサ肌には逆効果なのか?

化粧水を使った方の口コミから、カサカサ肌に化粧水は逆効果なのかについて調べましたのでお話します。


<目次>

・化粧水ではカサカサ肌は治らない?!その真相は…!

・化粧水は敏感肌のカサカサ肌に効果がない!?そんな噂とは…!

・カサカサ肌には化粧水は効果が無いって本当!?

カサカサ肌に効果のある食べ物をご存知ですか?

肌が乾燥してきたなと感じたら、辛いものや、暖かいものをとって、発汗作用をよくし、肌に自然な水分を与えることが大切です。

また、唐辛子やチリソースなどには、肌の新陳代謝をよくしてくれる成分が多く含まれています、

肌の保湿をうながす栄養素をバランスよくとることなどが、乾燥した肌には有効です。

そこで、カサカサ肌に効果のある食べ物についてお話します。


<目次>

・カサカサ肌に効果のある栄養素とは!

・カサカサ肌がひどい時に食べると良い食材は?

・カサカサ肌に効果のあるレシピを紹介します。








このページの先頭へ