敏感肌の方だけじゃなく、乳液を使って肌が荒れたっていう方は多いようです。

おなたも、乳液を使って肌が荒れた経験ありませんか?

ではなせ、乳液を使うと肌荒れ起こすのでしょうか?

そこで、乳液を使って肌荒れを経験された方の体験談を元に、真相を追求してみました。。


<目次>

・乳液を使って肌荒れを経験された方の体験談!

・なぜ、敏感肌の方が乳液を使うと、肌荒れになるのか?

・敏感肌のカサカサ肌には!この美容液がオススメ!!

乳液を使って肌荒れを経験された方の体験談!

乳液を使用し始めて、気づいたら口の周りに吹き出物が…。

敏感肌の私には、この乳液は合わなかったのか?

しばらく乳液の使用をやめたのですが、みるみる吹き出物がひどくなってきたので、皮膚科にいって診てもらいました。

医者いわく、吹き出物の原因は、「保湿が足りないか」「化粧品の油分が多すぎなのか」のどちらかだそうです。

また、乳液には敏感肌には刺激が強い成分が入っていることが多く、パッチテストをしてから使った方がいいとのアドバイスをされました。

今回は、乳液の使用を辞めてた後も、吹き出物がひどくなってきていたので、仕事のストレスも関係していたようです。

医者からは、パランスの良い食事と、ストレスをためないこと、また、保湿を補給する化粧品でケアすることを進められました。

1週間ほど、処方箋の塗り薬と飲み薬で、吹き出物は出なくなりましたが、油断するとまた吹き出物がではじめるので、自分にあった乾燥肌化粧品を模索中です。

では、なせ乳液を使うと肌荒れになるのか?

次の項で説明します。

なぜ、敏感肌の方が乳液を使うと、肌荒れになるのか?

敏感肌の方が乳液を使うと肌荒れになる原因は2つあります。

1つは、乳液に含まれている界面活性剤が原因です。

すべての界面活性剤が悪いということではありませんが、敏感肌の方にはちょっと刺激がキツイ面があります。

特に、乾燥肌を改善するのに使用することは逆効果で、本来、乾燥を防ぐためには、外からの刺激を守るために肌のバリアを強化します。

しかし、界面活性剤は、肌のバリア機能を壊してしますのです。

2つ目は、若い肌の方にいえるのですが、油分のとりすぎで、いろんな問題が生じます。

たとえば、乳液を付けると、ニキビができやすくなったことはありませんか?

乳液の油分なんて、たかが知れているのですが、それでも自分からでる皮脂油分を考えると油分過多になりニキビや吹き出物が出やすくなるのです。

乳液で肌荒れする原因は上記2つの要因が考えられるのです。

では、敏感肌のカサカサ肌にはどんな化粧品を使用すればいいのでしょか?

次の項で、肌のカサカサや乾燥肌にオススメの化粧品を紹介しましょう。

敏感肌のカサカサ肌には!この美容液がオススメ!!

敏感肌の方が乳液を使ったときに、肌荒れをおこす原因が、界面活性剤などの刺激が強い成分や油脂のとりすぎによる油分過多です。

そこで、敏感肌のカサカサ肌に刺激を与えず、油分過多にならない化粧品が、「バッサ美容液」です。

「バッサ美容液」は、すべて食品成分のみで作られており、合成界面活性剤、オイル、防腐剤、合成ポリマー、香料着色料、アルコールなど、肌に刺激を与えるものはいっさい使用していません。

敏感肌の方や肌の状態が不安定なときにも、安心して使っていただける化粧品です。

もっと詳しく「バッサ美容液」について知りたいなら!

こちら→「なぜ、カサカサ肌にバッサ美容液が選ばれるのか?」





このページの先頭へ