乳液を使ってもカサカサ肌は治らない?それって本当?

カサカサ肌が治らないというか、悪化するといった方がいいでしょうか。

ではなぜ、乳液を使うとカサカサ肌が悪化するのか?

乳液を使ってもカサカサ肌は治らない?その真相についてお話します。


<目次>

・乳液を使うとカサカサ肌を悪化させる正体はコレだった!

・合成界面活性化剤が入っている乳液を使い続けると…!

・敏感肌のカサカサ肌には!この美容液がオススメ!!

乳液を使うとカサカサ肌を悪化させる正体はコレだった!

そもそも乳液には、水と油を混ざる溶液が入っています。

その溶液が、肌に刺激をあたえ、カサカサ肌を悪化させるのです。

 

その溶液とは…

「合成界面活性剤」です。

 

合成界面活性剤は、お肌の防護機能である角質細胞を突破して、細胞間脂質を乳化・溶解させてしまうのです。

そのことで、お肌の保護膜である皮脂膜を失い、水分の蒸発を調整できず、カサカサ肌を悪化させてしまうのです。

すべての人がそうではないですが、特に敏感肌の方には、気を付けていただきたいです。

では、合成界面活性剤を使い続けるとどうなるかについて、次の項でお話します。

合成界面活性化剤が入っている乳液を使い続けると…!

では、合成界面活性化剤が入って入る乳液を使い続けるとどうなるのでしょうか?

人によりますが、特に敏感肌の方が使い続けた場合を考えてみましょう。

合成界面活性化剤は、水と油を混ぜたり、洗浄力を高めるために使われています。

もし、合成界面活性化剤が多く使われている化粧品を使い続けると、お肌のバリア機能は壊れていきます。

肌のバリア機能が壊れると、肌の表面が敏感になり、肌トラブルがおきやすくなります。

今まで問題がなかった化粧成分にも過剰に反応し、アレルギーをおこしやすくなるのです。

敏感肌の方や、年齢によるお肌のトラブルを抱えていられる方は、合成界面活性化剤の入った乳液の使用は避けた方がいいかと思います。

余談ですが、ステティックに通われてる方はご存知かと思いますが、エステティシャンが乳液を紹介する事はまずありません。

それはお肌の事を良く理解し、合成界面活性剤入りの乳液のリスクも把握しているからなのです。

 

では、敏感肌のカサカサ肌にはどんな化粧品を使用すればいいのでしょか?

次の項で、肌のカサカサや乾燥肌にオススメの化粧品を紹介しましょう。

敏感肌のカサカサ肌には!この美容液がオススメ!!

乾燥で、カサカサ肌には保湿が必要です。

ですから、保湿成分が多く配合され、さらに、肌に刺激を与えない自然成分でつくられた商品が、敏感肌のカサカサ肌には最適です。

そこで、オススメの化粧品が「バッサ美容液」です。

「バッサ美容液」は、すべて食品成分のみで作られており、合成界面活性剤、オイル、防腐剤、合成ポリマー、香料着色料、アルコールなど、肌に刺激を与えるものはいっさい使用していません。

敏感肌の方や肌の状態が不安定なときにも、安心して使っていただける化粧品です。

もっと詳しく「バッサ美容液」について知りたいなら!

こちら→「なぜ、カサカサ肌にバッサ美容液が選ばれるのか?」





このページの先頭へ