なかなか改善できないカサカサ肌にお悩みの方も多いでしょう。

すぐに何とかしたい!

そんな思いで、日々スキンケアに苦労されていることだと思います。

そこで、内面から乾燥肌をケアする、カサカサ肌がひどい時に食べると良い食材についてお話します。


<目次>
・カサカサ肌がひどい時に食べると良い食材!

・カサカサ肌を悪化させる食べ物とは!

・敏感肌のカサカサ肌には!この美容液がオススメ!!

カサカサ肌がひどい時に食べると良い食材!

高価な化粧品で、乾燥肌をケアしてもなかなか治らない!

こんな方は、内面からのアプローチが重要です。

内面からと言われても…。

内面からというのは、乾燥肌に良いとされる食材を摂ることで、カサカサ肌を改善していくのです。

では、どんな食材がカサカサ肌に良いのか紹介しましょう。

【野菜類では】
・トマト
「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれ、ヨーロッバでは昔から親しまれてきたトマト。

その理由として、トマトにはβjカロテン、ビタミンC・Eの3大抗酸化ビタミンが含まれていることがあげられます。

これら3つの相乗効果で活性酸素を除去し、血液をサラサラにして動脈硬化やガンを防ぎ、また美肌や老化予防にも効果を発揮します。

また、トマトの赤い色はリコピンという色素成分ですが、リコピンはカロテノイドの一種で、β‐カロテンやビタミンE以Lに抗酸化力があるといわれています。

最近、大腸、肺、乳、膀胱、肝臓、前立腺などのガン芦防にも効果があることがわかり、注目を集めています。

ほかにも、血液中の余分なナトリウムを排出してくれるカリウムや、血圧を正常に保ち毛細咀管を丈夫にするルチン、アミノ酸の代謝を促進するビタミンmなどの成分が含まれています。

さらに、クエン酸やリンゴ酸といった有機酸も含まれているので、酸味が胃液の分泌を促して食欲を増進させ、疲労回復に効果があります。

 

【穀物・豆類では】
・アーモンド
アーモンドの栄養素で特筆すべきは、ナッツ類のなかでもダントツの含有量を誇るビタミンEの多さです。

ビタミンEは、活性酸素から細胞を守り、ガンや脳卒中などの生活習慣病や老化を予防します。

また血行をよくし、冷え性、肩こり、頭痛などに有効です。

またビタミンB2も庶富に含まれますが、B2は成長に欠かせないビタミンで、細胞の再生やエネルギーの代謝を促進します。

健康な髪、爪、肌をつくり、動脈硬化を予防します。

ほかに、ビタミンB群のナイアシンも含まれ、血行をよくし、二日酔いを防ぐほか、皮膚を健康に保ち、脳神経の働きを助ける効能があります。

さらに、骨を強化するカルシウムや、貧血の予防や改善に役立つ鉄分、高血圧を防ぐカリウムなども含んでいます。

また、アーモンドはリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が際宮に含まれています。

リノール酸やオレイン酸はコレステロール値を下げ、動脈硬化や高脂血症に有効です。

 

【果物では】
・アボガド
アボカドは、「森のバター」という別名を持つほど栄養豊富な食品です。

果肉の約20%が脂肪で、そのうちの約80%はオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸なので、コレステロールのとりすぎの心配はありません。

不飽和脂肪酸には、血液中の悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やし、血液をサラサラにする効果があります。

アボカドはビタミンB群・Eなどのビタミンをはじめ、カリウム、鉄、食物繊維などもバランスよく含んでいます。

ビタミンB群は3犬栄養素の代謝を促進して活力源になります。

食物繊維は腸を刺激して便通を促す効力があります。

ビタミンEは抗酸化作用によって動脈硬化や細胞の老化、シミ、シワなどを防止する作用があります。

カリウムは体内にたまった余分なナトリウムを排出し、高血圧予防に有効です。

なお、タンパク質の中には、不安や緊張を緩和するトリプトファンや成長を促進するリジンといった必須アミノ酸も麿富に含まれています。

以上が、カサカサ肌に有効な食材です。

他にも乾燥肌に良い食材はあります。

それらをバランスよく食べることが、肌のカサカサ改善の近道なのです。

次に、カサカサ肌を悪化させる食べ物についてお話します。

カサカサ肌を悪化させる食べ物とは!

カサカサ肌を悪化させる食べ物は、化学加工された食品です。

インスタント食品や添加物が多く配合されている清涼飲料水などがそれにあたります。

乾燥肌がひどい人は、インスタント食品を避け、清涼飲料水ではなく水や100%のジュースを飲むようにしましょう。

また、カフェインなどの刺激物もカサカサ肌に良くないです。

コーヒーやアルコールもほどほどに楽しみましょう。

 

冷えたものも禁物です。

過度に冷たいものを摂ると、体が冷え、血行が悪くなり肌のサイクルに影響を及ぼします。

肌荒れの時は、温かいものを口にするようにしましょう。

では次の項では、外面からのケアにオススメの化粧品を紹介しましょう。

敏感肌のカサカサ肌には!この美容液がオススメ!!

内側から潤う乾燥肌対策も大切ですが、外側からのスキンケアも大切です。

そこで、カサカサ肌に有効な化粧品を紹介します。

カサカサ肌のケアで一番大切なのは、肌に刺激を与えない化粧品です。

そこで、オススメなのが、敏感肌のカサカサ肌に刺激を与えず、すべて食品成分のみで作られた美容液「バッサ」をオススメします。

「バッサ美容液」は、合成界面活性剤、オイル、防腐剤、合成ポリマー、香料着色料、アルコールなど、肌に刺激を与えるものはいっさい使用していません。

敏感肌の方や肌の状態が不安定なときにも、安心して使っていただける化粧品です。

もっと詳しく「バッサ美容液」について知りたいなら!

こちら→「なぜ、カサカサ肌にバッサ美容液が選ばれるのか?」





このページの先頭へ