つい食べ過ぎて、あとで後悔することってありませんか?

とくに空腹時に食べると、ついつい食べ過ぎてしまいます。

どんな時でも、食べ過ぎないようにコントロールするにはどうすればいいのでしょう。

このサイトでは、食べ過ぎを抑える方法について解説していきます。


<目次>

・食べ過ぎを抑えるホルモンとは…

・食べ過ぎを抑えるオススメのサプリメントはコレです。

・食物繊維には食べ過ぎを防ぐ働きがあるってご存知ですか?

・食べ過ぎを抑える方法に関連するYouTube動画紹介

食べ過ぎを抑えるホルモンとは…

あなたは、肉を食べると太る、甘いものを食べると太ると思い込んではいないでしょうか。

それは、大きな誤りです。

満腹感得るには、脳にセロトニンが分泌されることで得られます。

セロトニンというホルモンは、トリプトファンというアミノ酸から脳内でつくられます。

トリプトファンを多く含んでいる食品は肉類と、まぐろやかつおなど赤身の魚です。

ですから、効率よくトリプトファンを摂取するためには肉類を適量食べたほうがいいということになります。

また、食後に砂糖をとると、すぐに脳内にセロトニンが分泌されて、満腹感や満足感が得られるようになります。

その意味で、肉類を食べたあとにデザートとして甘いお菓子を食べ、砂糖入りのコーヒーを飲むというのはたいへん理にかなっており、ダイエットを成功させるためには非常に効果的なことなのです。

「デザートの分がカロリーオーバーになって太るのではないかと心配な人は、1回の食事全体でカロリーを考えて、デザートを食べた分、ご飯やパンの量を減らせばいいのです。

やはり、エネルギーのとりすぎは、ダイエットの敵です。

決して甘いものは別腹などと言わずに、食事全体でカロリーを調整することを忘れないようにしましょう。

食べ過ぎを抑えるオススメのサプリメントはコレです。

食べ過ぎを抑えるには、脳に満腹感を得るための成分を補給することが重要です。

毎日、肉と砂糖を食べるわけにはいきません。

そこでオススメなのが、満腹感が得られるサプリメントの活用がです。

満腹感が得られるオススメのサプリメントを2つ紹介しましょう。

まず1つは、「フルベリ」です。

「フルベリ」は、アフリカンマンゴーの種子に含まれるエキスが「レプチン」と呼ばれるホルモンの働きを活性化させます。

「レプチン」は脳の満腹中枢に働きかけ食べ過ぎを抑制してくれるのです。

「フルベリ」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

食欲を抑えて糖分を分解するサプリメント >>


次にオススメなのが「ミスココ」です。

「ミスココ」は、油っこいものと甘いものを正しくコントロールすることに着目したサプリメントとです。

好きなものを食べながらもダイエットも目指せるサプリとして作りあげられています。

「ミスココ」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

HARUEプロデュース!ダイエットサプリ >>

食物繊維には食べ過ぎを防ぐ働きがあるってご存知ですか?

体脂肪を減らし、肥満を解消するための食生活には、食物繊維は欠かせません。

食物繊維とは、人間の消化酵素では分解されない食物中の成分です。

つまり、腸の中を素通りするだけで、体に吸収も利用もされない成分のことです。

では、なぜダイエットに食物繊維は欠かせないのでしょうか。

これにはいくつかの理由があります。

その第一は、食物繊維をたくさん含んでいる食品の多くは、たとえば野菜のように植物性の食品で低カロリーだということです。

カロリーが少ない分、たくさん食べても摂取エネルギー量は抑えられます。

カロリーをぶやさないで料理のかさをぶやしてくれるといってもいいでしょう。

無理なく健康的に摂取エネルギーを制限するうえで、食物繊維が豊富な食品を上手にとり入れることは重要なポイントなのです。

二番目の理由は、食物繊維の多い食べ物はよくかまなければならないことです。

そのため、自然とゆっくり食べることになります。

脳の視床下部にある満腹中枢が血糖値の上昇などに反応して満腹だという合図を出すのに、食べ始めてから20~30分かかります。

このため、食べるのが早すぎると、満腹だという合図が出るまで食べつづけて、結果的に食べすぎてしまいます。

ところが、ゆっくり時間をかけて食べることになると、ちょうどほどよいタイミングで満腹の合図が出て食欲がストップし、余分な食べすぎが防げるのです。

理由の第三は、食物繊維をたくさんとると、食物の消化・吸収を遅らせるため、満腹感が持続するということです。

食物繊維の多い食品は比較的腸もちがよいのです。

高食物繊維食の場合は、胃の中の食べ物がゆっくりと胃から小腸へと移動し、ゆっくりと消化・吸収が進むため、血糖値の変化もなだらかです。

一方、低食物繊維食では、胃の食べ物が短時間に小腸に移動し、また短時間に消化・吸収が進むため、血糖値は急激に上昇し、その後、急激に下降します。

そして、高食物繊維食の場合のように、血糖値がある程度長い時間、一定の値以上に保たれていると空腹感が生じません。

それに対し、低食物繊維食の場合のように、血糖値が急激に低下すると、血糖値が空腹のときのレベル以下に低下してしまうため、すぐにおなかがすいてしまうのです。

これら3つの理由で、食物繊維は食べすぎを防ぎ、肥満を解消するのに有効です。

体脂肪が気になる人は、ぜひ積極的に食物繊維の多い食事をとるようにしてください。

ただし、食物繊維の多い食品とはいえ、食べすぎは避けましょう。

あくまでも他の栄養素とのバランスを考えて食べることが大切です。

食べ過ぎを抑える方法に関連するYouTube動画紹介

食べ過ぎを防ぐ方法!【ダイエットテクニック】

ダイエット中の「食べ過ぎ」を防ぐ食べ方とは?

食欲の秋対策 「食べ過ぎ」をピタリと止める方法





このページの先頭へ