<目次>

・女性の二日酔い対策!いい女は飲み上手!!

・女性が二日酔いならない、アルコールの正しい飲み方・正しい抜き方

女性の二日酔い対策!いい女は飲み上手、度を越さないほろ酔い飲酒術

女性はホルモンの影響から、男性に比べてアルコールの代謝機能が低いのです。

男性と同じようなペースで飲んでいると、早く酔ってしまうし、早く肝硬変になるといわれています。

女性たるもの、アルコールの正しい飲み方正しい抜き方を身につけておきましょう。

女性が二日酔いならない、アルコールの正しい飲み方・正しい抜き方

みっともない酔い方をしないためにも、仕事でお酒を飲まなければいけない時はきちんとその前に食事をしておきましょう。

空腹時にアルコールを飲むとお酒の吸収が早くなってしまい、早く酔っぱらってしまいます。

これは血液中のアルコール濃度が急上昇してしまうから。飲む前に胃に何か入れておけば、回りはかなり遅くなるはず。

また、お酒と一緒にタンパク質を摂りましょう。

アルコールの刺激から胃や腸の粘膜を守ってくれます。

ただし、この時、脂肪は避けること。

お酒を飲むのにレーズンバターなどの脂肪を一緒に摂ると長い間には脂肪が肝臓にたまる脂肺肝をおこし、肝障害などの肝臓のトラブルの原因となります。

ちょっと飲み過ぎたなと思った時は、汗や尿でアルコール分を早く体外に排出させましょう。

水分を十分に摂る、シャワーを浴びるといった方法も良いでしょう。これですと翌日に残りません。

飲んで楽しく、人に迷惑をかけないほろ酔い程度の目安は、ビールならば大ビンー本。ブランデーならばダブルで二杯から三杯といったところでしょう。

しかし、どうしても付き合いなどで飲む場が増えたり、ついつい自分の限度を超えて飲んでしまいがちです。

そこでオススメなのが、「レバリズム-L」です。

TVにも紹介された、注目の商品!

牡蠣エキス・スクワレン・しじみエキスの素材探しに2年、調合に1年半を費やしたこだわりの逸品です。

肝臓の病は自覚症状がなく、突然発覚する生活習慣病です。飲み過ぎて肝臓に不安がある方は是非服用をオススメします。

もっと詳しく「レバリズム-L」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>もう数値も飲み過ぎも気にならない!


毎日飲むだけで日々の仕事の疲れや、お酒の飲みすぎで疲れたあなたの体をしっかりサポートしてくれる。





レバリズム-L
公式サイトでは、初回モニター価格で販売!なんと5,000円引き!!
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ