<目次>

・妊娠線ができないようにするポイント!

・妊娠線ができやすい人をできにくくする方法とは

妊娠線ができないようにするポイント!

母親に妊娠線があると遺伝も多少関係ある?

よく聞かれる話ですね。

妊娠線ができやすい体質の場合があるので遺伝は無関係とは言い切れませんが、あまり信憑性はありません。

それよりも一番の要因は急激な体重オーバーです。

つわりが楽になる妊娠4カ月目あたりから食べ過ぎてしまうことが多いので注意が必要です。

次の項では、妊娠線ができやすい人や、妊娠線対策について説明しましょう

妊娠線ができやすい人をできにくくする方法とは

【妊娠線ができやすい人】


1.急激な体重増加、または体重オーバー
妊娠線は体重が急激に増えた時に出る傾向に。常に自分の適正体重をチェックしましょう!


2.もともと小柄な人、またはぽっちゃりさん
もともとふくよかな人は皮下脂肪が多く、肌の弾性がないので妊娠線ができやすい。


3.保温不足、保温モレが多い人
肌を柔らかく伸びやすくするための保温ケアが不十分の場合。塗り残しのないように。


4.腹帯などでおなかを支えなかった
赤ちゃんがぐっと下りてくる後期は、腹帯などで軽くおさえてあげると下腹部の負担軽減に。

もともと小柄だった人や、またはぽっちやりさんの人、昔、太っていてすでに肉割れしたことがある人は、特に気を付けてください。

では、妊娠線のケアは…。

よく聞かれるのが、「妊娠線ケア用のクリームって、専用のものでないとダメなの?」

ある調査では、保温ケアしている人97%のうち、市販のボディクリームを使っている人は半数以上もいるそうです。

しかし、妊娠線ケア専用クリームは、保温力、持続力が強いだけでなく、肌のハリ・弾力、柔軟性を高める成分も充実しており、また、デリケートに傾く肌を考えた肌にやさしい低刺激性なのもなので、できれば妊娠線ケア専用クリームを使った方がいいと専門家はいっています。

マタニティクリームでオススメなのが、今売れている「ストレッチマーククリーム」。

楽天ランキング1位を獲得、総出荷個数も175万個を突破している商品です。

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム、ママたちにお悩みの声を形にした商品です。

多数のメディアから紹介されています。

もっと詳しく「ストレッチマーククリーム」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>妊娠中に使うからこそ、低刺激にこだわりました。

 


真皮まで届くライマメ種子エキスとダーマクロレラ配合

日経新聞でも掲載されるほど知名度の高いAFCストレッチマーククリームはこれからケアを始める方におすすめのクリームです。




ストレッチマーククリーム

公式サイトでは、初回半額の定期お届けらくトク便を用意しております。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ