<目次>
・認知症を予防する「ギャバ」とは。

・認知症を予防する「ギャバ」が豊富な食べ物は?

・認知症を予防するギャバに期待される作用

認知症を予防する「ギャバ」とは

ギャバは、抑制系の神経伝達物質なので、イライラしたり、神経が高ぶって眠れなかったり、パニック状態にあるときなどは、脳内のギャバの量が減っているという研究報告があり、そういった状態のときにはギャバを摂取すると症状が改善されるという臨床報告があります。

認知症を予防する「ギャバ」が豊富な食べ物は?

ギャバには脳機能を向上させる効果・効能もあることが分かっており、そのため、自律神経障害の予防改善効果やアルツハイマー病の予防・改善や脳障害の後遺症に効果があるとされており、認知症のケアとしても近年注目を集めるようになりました。

「では、ギャバの摂取はどうすればいいの?」こんな声が聞こえてきそうですね。

気軽の摂取する方法としては、発芽玄米がオススメです。

発芽玄米には、ギャバの成分が多く含まれています。

玄米は硬くて食べずらいと言われますが、発芽玄米はもちもちして食べやすい食品です。

白米と混ぜて炊きこむと、より美味しく食べれれます。

発芽玄米と言えばTVのCMでおなじみの「ファンケルの発芽米」ですね。

只今、公式サイトで発芽米お試し1kgを特別価格で販売中です。

もっと詳しく「ファンケルの発芽米」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。


ファンケルの発芽米は、いつもの白米に混ぜるだけ
ファンケルの発芽米は、玄米に苦手意識がある人でも、もちもちぷちぷちと食感良く食べられます。この歯触り、くせになるんですよね。 もっと詳しく知りたい方は…


認知症を予防するギャバに期待される作用

日本においてギャバ含有食品は、特定保健用食品(トクホ)として厚生労働雀から許可されています。

例えば「血圧が高めの方へ」といった健康強調表示が行なわれています。

ギャバは体内で主に抑制系の神経伝達物資として脳内の血流をよくして、酸素の供給量を増加させたり、脳細胞の代謝機能を高める働きがあるのです。

したがって、脳内のギャバが不足するとイライラがはじまったり、体調が悪くなったり、大病の

原因となってしまいます。

最近まで、食べ物によってギャバを摂っても脳内へとどくことはないといわれていました。

新しい研究では、食べ物によって摂ったギャバも脳にとどくことが明らかになりました。

つまり、脳に不足しているギャバは食べ物から摂ればよいということなのです。

ところでギャバには、次のような作用があります。


1)高血圧の予防と改善作用

日本は、世界に例をみないスピードで高齢化が進んでいます。

このような中で多くの人にとって深刻な問題となっているのが別名「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」ともよばれている「高血圧」です。

高血圧がやっかいなのは、多くの人が高血圧の本当の恐ろしさをあまり知らないことです。

実際に、総理府の調査では、糖尿病を怖い病気だと思うと答えた人が七一%に対し、高血圧を怖い病気だと答えた人は五二・五%にしかすぎないという結果が出ています。

高血圧は知らない間に全身の動脈硬化を進め、脳卒中や心筋梗塞などの命取りの病気を突然引き起こす、まさに殺し屋です。

高血圧の患者は、自覚症状が少ないせいで、高血圧を軽視し、放置している人も少なくないのです。

WHO(世界保健機関)は健康を害する原因を調査した結果を発表し、死亡原因の第一位に高血圧をあげています。

高血圧は死に直結する最悪の病気と認識されているわけです。

ギャバには、血液中の塩分を濾過する腎臓の働きを活発にし、利尿作用を促すことで血圧を下げる働きがあります。

したがって、ギャバは高血圧の予防に効果があるのです。


2)抗ストレス作用

近年、パソコンでのインターネット検索、電子メール、多機能をもつ携帯電話など、急速な情報技術の進歩で、テクノストレスとよばれる新しいタイプのイライラ刺激が増加してきました。

さらに、近隣や会社などでの複雑な人間関係、中高年世代のリストラ、老後の年金受給額の減少など、現代人の悩みは尽きません。

適度なストレスは、やる気を起こしてプラスの方向に働きますが、長期に継続したり、無理な課題である場合は、過剰なストレスがたまってしまいます。

体は、自律神経系、内分泌系、免疫系の機能をフル稼動して、心身をストレスから守るように懸命に働きます。

しかし、ホルモンのバランスが崩れ、自律神経に失調をきたすようになると、全身の免疫力が低下して、胃潰瘍、血糖値の上昇、高血圧、不眠、慢性的な疲労感などの症状が起こってきます。

ギャバは、抑制系の神経伝達物質なので、イライラしたり、神経が高ぶって眠れなかったり、パニック状態にあるときなどは、脳内のギャバの量が減っているという研究報告かおり、そういった状態のときにはギャバを摂取すると症状が改善されるという旱天報告があります。


3)大腸ガンの抑制作用

ガン(癌)という名前のいわれですが、これは岩、つまりは岩のように硬いというところからよばれています。

学名では、カルチノーマ。力二のようなできものという意味でガンの発見が乳がんから始まったことを意味しています。ひどくなった乳ガンの場合、ゴツゴツした力二の甲羅のようになり、静脈が怒張して、ちようど力二が脚を広げているように見えるからなのです。

現在わが国の死亡原因の第一位はガンで、大腸ガン、直腸ガンもガン死の上位を占めています。

その原因のひとつとして、まっ白い小麦粉でつくる、繊維カスのないパンや消化のよすぎる、インスタント食品、加工食品、精製食品の摂取があげられます。

胆汁酸が便と共に腸管に停滞していると、胆汁酸の一部は三メチルコラントロンという強力な発ガン物質に変えられてしまいます。

その結果、大腸ガン、直腸ガンが発生するのです。

そこで、食物繊維を充分に摂っておけば大腸ガン、直腸ガンを防ぐことができます。

また、ギャバにおける基礎研究によれば、ギャバは、大腸ガンの抑制作用のあることが報告されていますので、日頃からギャバを摂取することをすすめます。

 


より食べやすく、より高栄養価な発芽玄米へ

毎日の食卓に登場する主食に「発芽玄米」を取り入れ、バランスの良い食生活をすることが健康的な生活への第一歩です。




ファンケルの発芽米
公式サイトでは、通販限定!発芽米 お試し1kgを用意しております。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ