<目次>
・シフト勤務で睡眠不足の人は工夫が必要!

・シフト勤務の睡眠不足は、シフト勤務の組み方が重要!

シフト勤務で睡眠不足の人は工夫が必要!

医師や看護師・介護職、工場勤務など、徹夜を含めたシフト制の職場で働いている人は、勤務時間が日によって異なります。

そんな人は、疲れているのに眠れなかったり、仕事中に眠くて居眠りをしてしまったりなど、体調管理が難しくなります。

 

工夫次第で質の高い眠りを手に入れることは可能?

シフト勤務の睡眠不足は、シフト勤務の組み方が重要!

体の負担をやわらげるには、睡眠リズムにもとづいたシフトの組み方が重要となります。

ポイントは、起床時刻が少しずつ後ろにずれていくようにすること。このようなシフトの組み方をすると「体への負担が少ない」という研究結果が出ているのです。

たとえば大陸シフト場合だと、朝勤→夕勤→夜勤という時計回りの順に遅くしていく。

さらに夜勤明けは、なるべく休みがとれるようにするのがベストなシフトの組み方なのです。

また、仕事を終えて朝帰宅する途中も朝の光をなるべ目から入れないようサングラスをかけたり、寝る環境は、遮光カーテンを閉め、部屋をできるだけ暗くし、夜の睡眠時と同じような寝室環境をつくることも重要です。

それでも、寝ずらいときは、L-テアニンの摂取をオススメします。

L-テアニンには、脳の興奮を抑えて神経を沈静化する効果があるため、快適な睡眠が得られるという効果があります。

健常な男性に、L-テアニンを200 mg含む錠剤を6日間、就寝1時間前に毎日服用させたところ、プラセボ(偽擬似薬)を服用させた場合と比較して、睡眠途中で起きてしまう時間が短くなり、起床時のリフレッシュ感が高いことが確認されました。

また、寝つきに関する点数も、10人中7人が、プラセボと比較してL-テアニンを摂取した場合の方が高くなりました。

L-テアニンを就寝前に摂取することで、寝つきを良くして中途覚醒(眠りに入ることはできるが、睡眠の途中で目が覚めてしまうこと)を減少させ、睡眠から覚醒への移行をスムーズに進行させると考えられます。

L-テアニンを食品から摂取するには、お茶が一番いいのですが、睡眠の効果を目的とした服用の場合、お茶にはカフェインも含まれているのであまり有効ではありません。


一番いいのは、カフェインを含まないテアニンのサプリメントの服用がオススメです。

L-テアニン配合のサプリでオススメなのが「グッドナイト27000」です。

「グッドナイト27000」はL-テアニンで機能性表示食品として認められまし

もっと詳しく「グッドナイト27000」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。




「寝つきが悪い」「眠りの質がよくない」「寝起きが悪い」といった悩みをサポート

赤ちゃんに安らぎを与える効果があるとされるミルクペプチド特許成分のラクティウムをはじめ、テアニン、ラフマ、グリシン、カモミール、ギャバ、トリプトファンなどの有効成分をたっぷり配合されています。






このページの先頭へ