<目次>

・習慣流産のさまざまな治療法

・習慣流産とは

・不妊治療が長期化した場合

習慣流産のさまざまな治療法

胎盤内の血栓を防ぐための低用量アスピリン療法やヘパリン療法、男性の血液中のリンパ球を分離して女性に注射する夫リンパ球免疫療法なとがあります。

習慣流産については、これらの治療法をもとに、あきらめず治療していくことが大切です。

習慣流産とは

一般的に自然流産を3回以上くリ返すことを習慣流産と呼びます。

習慣流産は、受精した受精卵に染色体異常の可能性かおる遺伝因子、代謝・内分泌学的因子、子宮の奇形なとが原因と考えられる子宮因子など、さまざまな原因が考えられ、原因を特定するのが困難だといわれています。

他にも、免疫学的因子、細菌学因子などがあります。

不妊原因のなかでも困難な症状といわれている習慣流産ですが、少しずつ病態が解明されつつあります。

習慣流産と思われる方は、胎児を大切に守る体つくりを行なってください。

妊婦に必要な栄養素を摂ることで、流産しにくい体が備わります。

まずは食生活を見直す事から初めてください。

もっと詳しく「妊活の食生活」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>「女性が妊娠しやすい食べ物」

不妊治療が長期化した場合

【不妊治療を休む・やめる理由】

●年齢の問題
長期間治療を続けてきた人が直面するのが年齢の問題です。加齢とともに妊娠率が下がってくることに加え「
今、こどもを産むと、こどもが20歳のときに自分がいくつになるのか」という問題も生じてきます。

●経済的理由
不妊治療は無料ではありません。治療は続けたいけど、貯金もなくなって経済的に厳しいという人もいます。ボーナスがもらえず、お金が貯まるまで一時中断というケースも。

●心身の問題
治療が長期化すると、出口のない迷路をさまよっている気分になるという話はよく間きます。治療や薬が合わず、体調をくずす人もいます。

【長期化したときの転換方法】

●病院を変える
不妊の治療法もさまざまあり、担当医師の治療方針が合わないという場合もありますし、単純に医師と相性が悪いという場合もあります。病院を変えることも考えてみましょう。

●生活環境を変える
仕事をやめる、あるいは逆に負担にならない程度に慟くなどして、生活環境を変えるのも選択肢のひとつです。気分転換できる趣味を持つのも有意義かもしれません。





このページの先頭へ