現代人は普通に生活しているつもりでもいつの間にか酵素不足になっている人がほとんどです。

このサイトでは、酵素不足を解消する食べ物について解説していきます。

<目次>
・酵素不足を解消する!酵素たっぷりの食べ物

・酵素不足を解消するサプリメントはコレです。

・酵素不足を解消する!酵素たっぷり食材ランキング

・酵素不足を解消する方法に関連するYouTube動画紹介

酵素不足を解消する!酵素たっぷりの食べ物

酵素不足を解消するには、生の食品に含まれた酵素をとるのが最も効果的です。

酵素をしっかりとれる食べ物を紹介します。

献立の半分くらいを、生食におきかえては如何でしょうか?

【酵素たっぷり食材ランキング】

1位:生野菜&すりおろし野菜
酵素を残さずとるには皮ごとすりおろすのがコツ

2位:生果物
南国の果物に含まれる、角質を溶かすほどの強力な酵素

3位:発酵食品
伝統的な酵素食である「発酵食品」が長寿をかなえる

4位:刺し身・生肉
レバ刺しやユッケにニンニクやショウガを合わせれば、くさみが消えて酵素力もアップ

最近では、サプリメントの生酵素が販売されています。

食材でまかなえない場合は、サプリメントの活用をオススメします。

酵素不足を解消するサプリメントはコレです。

酵素不足を解消するには、酵素たっぷりの食材を食べることがいいのですが、どうしても忙しく酵素たっぷりの食材を食べることができない方にオススメの、生酵素のサプリメントを紹介します。

 

オススメなのは、「スーパー酵素プラス」です。

「スーパー酵素プラス」は、SNSを中心にモデルさんの間でも話題の新感覚ダイエットドリンクです。

チアシードが含まれているので、腹持ちが良くファスティングダイエットにもおすすめです!

 

「スーパー酵素プラス」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

女の子専用ダイエットサポートドリンク >>

酵素不足を解消する!酵素たっぷり食材ランキング

1位:生野菜&すりおろし野菜

●酵素を残さずとるには皮ごとすりおろすのがコツ

もやし、カイワレ大根、そばの芽、ブロッコリーの芽などのスプラウトには、発芽という生命の一大イベントに備え、酵素も最大限にふえています。

大根のジアスターゼには米やパンなどのデンプン質のほか、脂肪やタンパク質も分解する酵素も含まれています。

焼き魚に大根を添えるのも、タンパク質を分解する働きが経験的に知られていたためです。

ジアスターゼは大根の皮の付近に多く、おろすことによって消化酵素が細胞の外に出て活発に働くので、皮ごとすりおろすほうがよいでしょう。

タマネギをスライスすると、C・Sリアーゼという酵素が出てきますが、その酵素とタマネギの成分が反応してできる物質には、血液をサラサラにして、動脈硬化など生活習慣病を防ぐ作用があります。

加熱したり水にさらしたりすると酵素は失われてしまうのでスライスし、生で食べましょう。ジャガイモの、強力な抗ウイルス作用と、がん性物質を中和する酵素も、生でこそ生かされます。

そのほか、ニンジンのβ‐カロテンやキャベツのグルタミン酸など、酵素の豊富な生野菜にはビタミンやミネラルも多く、粘膜の抵抗力向上や、潰瘍の改善にも効果を発揮します。

2位:生果物

●南国の果物に含まれる、角質を溶かすほどの強力な酵素

生の果物の中でもパパイア、バナナ、パイナップルなど南国系の果物には強力な酵素が含まれています。

バナナには、タンパク質分解酵素のプロテアーゼが豊富に含まれており、血圧や心臓、筋肉の働きを調整するカリウムも豊富。

プロテアーゼとカリウムの相互作用によって免疫力を高める効果があります。

青いバナナより、表面の皮にそばかすが出るくらい然したバナナのほうが酵素が豊富です。

パパイアのタンパク質分解酵素パパインには未消化のタンパク質が溶け込んだドロドロの血液を浄化する作用もあり、その作用は、肌の角質を分解して溶かすほど強力です。

キウイフルーツに含まれるタンパク質分解酵素のアクチニジンは消化を助けます。

アクチニジンは皮と種の部分に多いので、胃もたれの解消には皮をむかずに、そのままジュースにして飲んでください。

また、キウイに限らず、生の果物はすりおろして食べることで、さらに消化がよくなるなどの多くのメリットがあります。

3位:発酵食品

●伝統的な酵素食である「発酵食品」が長寿をかなえる

沖縄やロシアのコーカサス、中国の貴陽など、100才以上の高齢者が多い地域では昔から発酵食品を食べる独自の食文化が栄え、それが長寿を支えてきたといわれています。

たとえば大兄を納豆菌で発酵させた納豆。

ナットウキナーゼという酵素には血栓を溶かす作用があり、アンジオテンシン変換阻害酵素には高血圧を下げる作用があります。

このほか、脂肪分解酵素や、タンパク質・デンプン・糖の分解酵素など納豆は酵素の宝庫です。

また大豆を発酵させたみそも酵素たっぷりの食品。酵素は加熱すると失われるので、みそ汁を作るときは火を止めてからみそを溶き入れるのがコツです。

チーズは牛乳を乳酸菌の作用で熟成発酵させたもの。

乳酸菌から分泌されるプロテアーゼ酵素がペプチドという成分をつくり出し、肝機能の強化や血液中のコレステロール低下などに働きます。

ヨーグルトはビフィズス菌などの善玉菌が多くの酵素を生み出すほか、ほかの善玉菌をふやして悪玉菌を抑え、便秘の解消と下痢の緩和の両方に役立ちます。

昔から各地で多種多様の漬け物が作られてきましたが、これも伝統の発酵食品で、漬け物は乳酸菌や酵素をたっぷり含んでいます。

4位:刺し身・生肉

●レバ刺しやユッケにニンニクやショウガを合わせれば、くさみが消えて酵素力もアップ

生肉や生魚には、酵素をつくるタンパク質も豊富ですが、酵素自体もたっぷり含まれています。

調理した肉や魚にくらべ、はるかに消化もいいので、理想をいえば、肉も魚も生で食べるほうが健康のためにはよいのです。

実際、アザラシやトナカイの肉、魚などを生で食べるイヌイット(北極圏に住む少数民族)には、肥満や動脈硬化の人はほとんどいません。

生の肉や魚を食生活にとり人れるためには、刺し身や牛肉のたたき、馬刺し、ユッケ、鶏わさなどをふだんの食卓に積極的にのせましょう。

マグロやサケの刺し身には、タンパク質を効率的に分解し利用するために欠かせない物質のひとつであるビタミン良も豊富に含まれています。

ビタミンB群は酵素の働きを高める補酵素の材料にもなります。

牛肉のたたきには脂肪分解酵素リパーゼが豊富です。

その豊富なリパーゼが脂肪を分解するので、肉を食べても肥満や動脈硬化の心配が少ないと言われています。

生のニンニクやショウガ、ラフなどの香味野菜を添えて食べると酵素の働きがより活発になり、また、強力なスタミナ回復効果も期待できます。

酵素不足を解消する方法に関連するYouTube動画紹介

酵素の力で病気にならない!酵素不足は解消しよう!

酵素の働き…解り易く説明

酵素ドリンク飲むタイミング(健康美容)梅田/エイジングケア専門エステ





このページの先頭へ