<目次>
・レモンを食べると日焼け予防の逆効果だった!

・日焼けを予防する1番効果的な方法

・日焼けを予防する効果のある成分の種類

・日焼けを予防する食べ物に関連するYouTube動画紹介


レモンを食べると日焼け予防の逆効果だった!

レモンやパセリ、クロレラなどに含まれる「ソラレン」という物質は、紫外線感受性を高めます。

ソラレンを摂ると、紫外線に対して敏感になり、当然シミはできやすくなるのです。

また、ソラレンを内服もしくは皮膚に塗って紫外線を照射すると、わずかな紫外線でも強く作用することが実証されています。

レモンはビタミンCを含むから、シミによいと思ってうっかり朝に摂ったりすると、逆にシミをつくり出してしまうのです。

レモンを食べて紫外線をあびると、日焼け予防の逆効果だったのです。

ただし、ソラレンは摂取してから数時間で代謝されてなくなりますから、夜に摂るぶんには問題ありません。

では、何を食べれば日焼け予防に最適なのか?次の項で説明します。

日焼けを予防する1番効果的な方法

日焼けを予防するには、やはりビタミンCを摂ることです。

シミを気にする人のほとんどが、ビタミンCを摂っています。

しかし、一度できたシミは、ビタミンCを摂ったからといって薄くなることはあまりありません。

シミをできにくくする効果しかないのです。

ビタミンCには抗酸化力があり、紫外線に対する抵抗力をつけるのには役立ちます。

紫外線によって発生した活性酸素をとり除き、皮膚を守ってくれるのです。

レジャーやスポーツなどに行く2週間くらい前から、ビタミンCを摂取すると、シミ予防に効果があるというデータもあります。

では、どんなものを食べればいいのでしょうか

日焼け効果のある食べ物を紹介しておきましょう。

イチゴ・赤ピーマン・アボカド・にんじん・うなぎ・トマト・スイカ・レバー・かぼちゃ・アーモンド・サツマイモ・ブロッコリーなどが日焼け止めの成分が含まれています。

しかし、これらをバランスよく食べるのは大変です。

強い紫外線を浴びる7日前から飲み始めることで、日焼けしにくい肌をつくり、日焼けからの回復を早めてくれます。

「やかないサプリ」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

 


強い紫外線を浴びる7日前から飲み始めることで、日焼けしにくい肌をつくり!

 

強い紫外線を浴びる7日前から飲み始めることで、肌にセラミドやカロテンが増え、日焼けしにくい肌を作ります。




やかないサプリ
公式サイトでは、お得な定期購入を用意しています。
 詳しくはこちら>>

日焼けを予防する効果のある成分の種類

日焼け止め化粧品に配合されている日焼け止め効果のある成分には、大きく分けて、紫外線吸収剤と散乱剤という2種類があります。

■紫外線吸収剤

文字通り、紫外線を吸収する化学物質のことです。

紫外線を吸収する際に、肌の上で化学変化を起こすので、肌に対して剌激になることがあります。

代表的なものは、以下の通り。

・紫外線A波(UVA)吸収剤:パルソールA、メギゾリルSXなど。

・紫外線B波(UVB)吸収剤:桂皮酸、オキシベンゾンなど。かつてはPABAというものがさかんに使われていたが、最近はほとんど使われなくなった。

■紫外線散乱剤

紫外線を肌の上で反射する働きをする物質のことです。

金属を酸化させたものの粉や細かい粘土質の粉などが用いられます。

代表的なものに、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、カオリン(陶土)、タルク(滑石)などがあり、これらが鏡のように肌の上に膜をつくり、紫外線をはね返します。

化学変化は起こさないので肌にやさしいのが特徴です。

ただし、厚く塗ると粉っぽくなりやすいのが弱点です。

粉が皮脂を吸着するので、肌が乾燥する原因になることもあります。




強い紫外線を浴びる7日前から飲み始めることで、日焼けしにくい肌をつくり!
強い紫外線を浴びる7日前から飲み始めることで、肌にセラミドやカロテンが増え、日焼けしにくい肌を作ります。 もっと詳しく知りたい方は…


日焼けを予防する食べ物に関連するYouTube動画紹介

【紫外線対策】日焼け対策に効果的な食材 & NGな食材があるの知ってる?

しみ予防 食べ物 日焼けをしたらこれを食べればOK!





このページの先頭へ