便が出やすくするには、色んな方法があります。

便をスムーズに出すために食物繊維を摂ったり、便を軟らかくするために酸化マグネシウムを飲んだり、ひどい方なら下剤の服用も…。

このサイトでは、便を出やすくする方法とて、オリーブオイルを使っての改善方法を解説します。


<目次>

・便を出やすくするために、オリーブオイルが効果抜群

・便を出やすくするオリーブオイル納豆

便を出やすくするために、オリーブオイルが効果抜群

油は便のすべりをよくします。

とくにオリーブオイルは効果があります。

その理由はオリーブオイルの成分の約70パーセントを占めるオレイン酸。

オレイン酸を一時的に多くとると、小腸であまり吸収されず、逆に小腸を刺激します。

また食べ物の残りカスに混じり、腸内でのすべりもよくします。

さらにオリーブオイルには、悪玉コレステロール値を下げる働き、血管に害をおよぼす過酸化脂質の生成を抑制する働き、コレステロール値を正常に戻す働きもあります。

1日の摂取量は、15~30ミリリットル(犬さじI~3杯)を目安にしてください。

とくにポリフェノールを含むエキストラバージンオイルがおすすめです。

ただし、オリーブオイルは脂質の一種ですから高カロリーです。

オリーブオイルをとったときは、ほかの食材の摂取カロリーを控えましょう。

 


便をスムーズに出すために欠かせない素材

「究極の有機栽培」にこだわるスペインのオリーブ農園で、大切に育てられたオリーブのみを使用し、特殊技術で健康成分をまるごと閉じ込めました。

 




オリーブジュースカプセル

公式サイトでは、期間限定!初回半額キャンペーンを実施しています。
 詳しくはこちら>>


便を出やすくするオリーブオイル納豆

日本の伝統的な食材を地中海型食事に取り入れた、日本式地中海型食事の代表として、このメニューを紹介します。

納豆とオリーブオイルを混ぜ合わせて食べるのですが、この組み合わせが、よい腸内環境を持続させます。

納豆は、腸内環境をよくする発酵食品です。納豆は大豆からできているため、毒素を排出させる食物繊維、とくに不溶性食物繊維が豊富です。

腸内で水分を含んで膨張し、毒素を吸着してスムーズに排泄する作用があります。

オリーブオイルのすぐれた効果は、食養腸の素材で紹介したとおりです。

また、しょうゆは、植物性乳酸菌を含む代表的な食品です。

植物性乳酸菌は動物性に比べ、腸内での生存率が高く、活発に活動します。

いっしょに混ぜるしょうがにも、腸管の働きをよくする作用や冷え性改善などの効果があります。

【オリーブオイル納豆の作り方(2人前)】

■材料
・納豆:1バック
・しょうが:適量
・しょうゆ:適量

■作り方
1.納豆をよくかき混ぜ、しょうゆで調味する。
2.1にオリーブオイルとしょうがのすりおろしを加えてさらにかき混ぜる。

ご飯やパンにぴったりです。

また、日々の食事に、オリーブオイル納豆はちょっという方に、簡単に摂取できる、オリーブオイルのサプリメント「オリーブジュースカプセル」をオススメします。

「オリーブジュースカプセル」は、1粒に約50mlのオリーブオイルに含まれてる健康成分が凝縮されています。

究極の有機栽培と特殊技術で実現した、EXVオリーブオイルとオリーブポリフェノールをまるごとキュッと凝縮したオリーブオイルの健康食品です。

また、「オリーブジュースカプセル」は、主成分がEXVオリーブオイルなので、子ども(小学3年生ぐらい)でも、同じように服用しても問題ないと、メーカーより回答いただきました。

もっと詳しく「オリーブジュースカプセル」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

力強い酸化抵抗力パワーのオリーブで腸を快適に! >>



このページの先頭へ