いくら寝ても疲れが取れないってことありますよね。

それは、寝方の原因?

疲れが取れる寝方があることをご存知でしたか?

このサイトでは、疲れが取れる寝方の方法を解説していきます。


<目次>

・疲労医学の専門医師が教える、疲れが取れる寝方

・疲れが取れる枕をご存知ですか?

疲労医学の専門医師が教える、疲れが取れる寝方

情報バラエティ番組「ホンマでっかTV」に出演されている梶本修身先生は、疲労の本も出している疲労のスペシャリストです。

その梶本修身先生が教える疲れが取れる寝方を、TBS「この差ってなんですか?」で、解説していた内容を説明します。

まず、十分睡眠をとっているのに朝起きた時「疲れがとれている人」と「疲れがとれていない人」の差は何なのか?

梶本修身先生いわく、この差は寝る時の体勢だそうです。

良く寝ても疲れが取れない1番の原因は「イビキ」だそうで、寝ている時に首の「脂肪や筋肉」がゆるんでしまい、気道が狭くなって、「イビキ」をかいてしまいます。

しかし、「横向き」で寝ると、気道が狭くならないために「イビキ」をかきづらくなるそうです。


したがって、1番疲れがとれる寝る体勢は「横向き」で、

さらに、横向きでも、「体の右側」を下にして寝るのがおすすめです。

「胃」の出口は右側にあるため、消化を助け、身体への負担を軽減することができるからです。


また、1番疲れがとれない体勢は「仰向け」です。

「イビキ」をかくときに肺にとても負担がかかってしまい、風船を何千回も膨らませているのと同じくらい体力を使ってしまうからです。

 


こんなに楽に起きられるなんて…!


TBS「この差ってなんですか?」で疲れを取れやすくするためにはいびきを防止する横向き寝がいいと話題になり在庫がなくなる程売れています。




横向き専用まくらYOKONE2

公式サイトでは、お得なセット販売を用意しております。
 詳しくはこちら>>

疲れが取れる枕をご存知ですか?

いびきを軽減し、睡眠の質を上げる、疲れが取れやすくなるまくらが、テレビや書籍で話題です。

特許技術で頭、首、肩、腕の4点を支えます。

3段階の高さ調整ができるので、男女どちらでも使用できます。

リラックスウレタン素材を使用することで、フィット感を追求した理想の固さを実現しました。

また、YOKONE2は、旧型YOKONEに改良を加えた、より「正しい枕倫理」を取り入れた寝まくらです。

大手ECモールの枕ランキングでは、つねに継続して上位に選出されています。

横向き寝枕としては、人気1位を獲得し続けています。

首も肩も痛くなりづらく、朝の疲れが取れやすい横向き専用まくらです。

もっと詳しく「横向き専用まくらYOKONE2」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

TBSのニュースや番組でも紹介された横向き専用まくらYOKONE2 >>

 


こんなに楽に起きられるなんて…!
TBS「この差ってなんですか?」で疲れを取れやすくするためにはいびきを防止する横向き寝がいいと話題になり在庫がなくなる程売れています。 もっと詳しく知りたい方は…





このページの先頭へ