今まで、筋トレサプリなんか飲んだことがない方は、プロテインやHMB&クレアチンなんて無縁だし、どんなものかも分からないのでちょっと不安に感じると思います。

また、「トリプルビー」には、どんな成分が配合されているのか?また、副作用は心配ないのか?安全面に関してもどうなのか…。

そこで、「トリプルビー」には、どんな成分が配合されているのか?安全性や副作用についても調べましたのでお話します。

 

<目次>
1.トリプルビーの安全性について

2.トリプルビー 副作用はどうか?

3.トリプルビー 賞味期限!

トリプルビーの安全性について

<トリプルビー 成分表>

クレアチンモノハイドレート、HMBカルシウム、コエンザイムQ10、αリポ酸、L-カルニチンフマル酸塩、L-オルニチン塩酸塩、大豆抽出物(イソフラボン含有)、黒胡椒抽出物、イナゴ豆抽出物、デキストリン、チキンエキス、ブラックジンジャー抽出物、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、エラスチン(魚由来)、豚胎盤抽出物/トレハロース、ビタミンC、クエン酸、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシン、L-リジン塩酸塩、L-メチオニン、L-フェニルアラニン、L-トレオニン、L-ヒスチジン、L-トリプトファン、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンD、L-アルギニン、葉酸、シクロデキストリン、ヒアルロン酸、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンB12

トリプルビー 成分表を上記に掲載しましたが、主成分はクレアチンモノハイドレートとHMBカルシウムとなります。

女性はホルモンの関係で筋肉が落ちやすいので、せっかくHMBで増えた筋肉を減少させてしまいます。

そこで、筋肉の減少を抑えてくれるのがクレアチンです。

 

トリプルビーはHMB成分とクレアチン成分がバランスよく配合されているサプリなのです。

安全面からは、原料は純国産のHMBを使用、国内のGMP認定工場で製造していますので、安全面への配慮は十分です。

注意するのは、食品アレルギー持ちの方はトリプルビーに危険な成分は含まれていないかを確認することです。
また、お酒と一緒に飲まないようにしましょう。

筋肉痛の時は、筋肉のエネルギー効率を助けるビタミンB1やビタミンB6を摂取すといいので、トリプルビーを飲むと筋肉痛の回復を早めてくれます。

また、生理痛の時は軽い運動をすることで痛みが和らぐことがあるので、軽い運動前にトリプルビーを飲むといいでしょう。

 

トリプルビー 妊娠中・授乳中の安全性

トリプルビーは、原料は純国産のHMBを使用、国内のGMP認定工場で製造していますので、安全性からいえば問題ありません。

また、トリプルビーはサプリなので、薬ではなく食品です。

しかし、妊娠中・授乳中は胎児や赤ちゃんに影響を与えます。

飲む時は、医師と相談の上飲むことをおすすめします。

AYA先生監修の女性向け筋肉サプリ「トリプルビー」公式サイトはこちら >>

トリプルビー 副作用はどうか?

トリプルビーを飲むと太る?

食事制限もせず、トリプルビーを飲んでも痩せませんし、太ることも考えられます。

これって副作用でも何でもありません。

トリプルビーを飲んでも副作用はありませんし、また、トリプルビーを飲んで何らかの悪影響が出たとの報告もないようです。

 

トリプルビー 賞味期限!

トリプルビーには賞味期限があります。

グレーの封筒の包みの右下に賞味期限が書います。

 

保存法保ですが、トリプルビーは顆粒ですので、湿気などで粒のかたまりができたりします。

できれば、湿気を避けて場所か、密封した容器に入れて保存するようにしましょう。




このページの先頭へ